加古川動物病院

加古川動物病院について

私たちの獣医療理念:生命の尊厳と、人と動物たちの満足に向けられた、充実した動物医療の提供を目指し、次の方針を実戦します

私たちは、利用されるおひとりや動物たちのために、最善を尽くすことに誇りを持ちます。

私たちは、安全で信頼される高度動物医療を深く追求し、先進性を志向するとともに、科学的根拠に基づいた動物医療を提供します。

私たちは、地域動物医療へ貢献し、地域に開かれた動物病院を目指すとともに、国際レベルでの動物医療協力を目指して、知識・技術・人間性を結集します。

ページトップへ戻る

ごあいさつ

私たちの獣医医療理念は、現在の動物医療の情報をできるだけわかりやすく、確実に利用される皆様に提供し、診断・診療を行うために掲げたものです。この場合の利用者には、動物、ご家族だけでなく、病院の職員を含んでおり、物言わぬ動物たちのために、獣医療サービスを受けるご家族の方々、提供する職員がそれぞれの役割を理解した上で力を合わせることが必要であると考えています。

本来動物と人のからだのしくみは相当似通ったものであり、人に知られている疾患はほとんど動物にも認められているのはよく知られた事実ですが、まだまだ十分な科学的根拠の乏しい獣医療分野が多いことも否めません。

そのために私たちは常に自らと人材の育成を利用者実現ととらえるとともに、地域動物医療の基幹的役割を担う機関として、皆さまに選ばれ続ける動物病院であるべく知識・技術・人間性を結集し、ひとつずつ前進したいと考えております。

院長  獣医師  長谷川 哲也

加古川動物病院の特色

当院は獣医内科、獣医外科、特殊診療科を設け、それぞれ特色のある動物診療を行っています。
病院全体の特色としては以下の特色が挙げられます。

  1. 脳神経疾患や癌などの病気に対して、高度な診断・治療技術を用いて最新の動物医療を提供するように努めています。とくに、超音波検査やCT、MRIをはじめとする放射線/画像診断検査の充実を図っています。
  2. 24時間体制の夜勤・緊急検査室を設置して、診療を支援しています。
  3. 獣医師の初期研修、レジデント研修、動物看護師育成のための充実したプログラムを実施しています。
  4. 地域動物医療の基幹病院として、地域協力病院に入院設備を開放し、連携して動物診療に取り組んでいます。
  5. 動物医療研究機関として動物専用検査室を設置して、全国の動物診療検査機関の役割を果たしています。

ページトップへ戻る